スマートフォンサイトを見る
医療法人社団恵仁会 府中恵仁会病院 脳卒中センター
脳卒中センター
府中恵仁会病院WEBサイトへ
脳卒中の治療
脳卒中の治療について

脳梗塞の急性期には平成年に認可になったrt-PAという血栓溶解薬を投与出来る場合があります。
脳梗塞が発症して4時間30分以内であれば、詰まってしまった血栓をrt-PAという薬を投与すること
により、溶かしてしまえる場合があります。

しかし、血栓を溶かす事が出来るお薬ですから脳内の血管以外でも傷ついて血栓で止血出来ている
血管にも同様に作用が及びます。血圧が高い場合にも傷ついた血管からの出血を助長してしまう場合
もあり得ます。

そのため、rt-PAを投与出来た患者さんに対して投与後24時間は厳密な血圧コントロール、神経症候
の変化のチェックを行わなければなりません。勿論脳卒中センターはそれ以外の脳梗塞急性期の方に
も的確な治療、看護を提供出来る治療施設となっています。

脳出血の患者さんには、必要に応じて内視鏡下脳内血腫除去術をおこなっています。
くも膜下出血や脳ドックで発見された脳動脈瘤の患者さんには、その場所と形状に応じて 、
開頭クリッピング術か血管内コイル塞栓術をおこなっています。

脳梗塞や脳ドックで発見された脳動脈狭窄症の患者さんには、必要に応じて血管内ステント留置術か
バイパス術をおこなっています。

脳卒中の患者さんには ①速やかな診断②低侵襲な治療③早期リハビリテーション
を提供できるように、最新の機器と専門のスタッフで対応しております。


脳出血 くも膜下出血

救急・入院

365日24時間の受け入れ態勢
高度な医療機器の導入とスタッフの充実を図り、rt-PA(血栓溶解薬)静注療法から緊急手術まで
24時間体制で対応しています。

内科治療だけでなく、開頭(顕微鏡、内視鏡)手術や
血管内(カテーテル)治療もおこなっています。
脳卒中治療のながれ


急性期からセンター内にて、十分なリハビリ体制を組んでいます。
急性期治療終了後も必要に応じて回復期リハビリテーション病院へ移り、
  さらに機能向上が目指せます。
退院後は、訪問看護ステーションが社会復帰に向けて全力でサポートいたします。

府中恵仁会病院 脳卒中センター
〒183-8507 東京都府中市住吉町5-21-1
TEL : 042-365-1211(代表) FAX : 042-365-1212
脳卒中を知ろう | 脳卒中の治療 | よくあるご質問 | 交通アクセス

Copyright © 2011 Fuchu Keijinkai Hospital Stroke Center all rights reserved.